ペコリークス

2020年、ワールドワイドマトメディア『ペコリークス/Peco Leaks』を開設。ワールドワイドウェブの世界から興味深い記事や映像をキュレーション。ぜひご覧ください。

    海外ニュース

    屋根猫

    画面の端から登場したのはぽっちゃりぎみの猫さんである。いかにも面白映像を提供してくれそうな猫さんではないだろうか。彼はとなりの塀に飛び移ることを決心する。お尻をふりふり、目測を見極め、アイキャンフライした結果やいかに。



    【飛べるかなぁ、飛びたいなぁ、な猫さん。アイキャンフライ!の結果やいかに】の続きを読む

    少年花火

    少年のお馬鹿さと+されたミュージックがシナジー効果抜群でワロスwww
    この少年がお馬鹿なことをしてみようと思いついてくれたおかげで、そこに音楽をつけてさらに面白くしてくれる人が現れて、それをみて世界のどこかで誰かが笑顔になって、これってなんだかもうバタフライ・エフェクトだよね。なんだかね。





    【少年は股間に花火を打ち上げる。のちの宇宙飛行士であるかは定かではない】の続きを読む

    カンフードッグ

    人と犬がバディを組んで挑む、フリスビードッグという競技がある。世界で初めてイヌにフリスビーを投げたのは誰なのか?この疑問に答えはない。記録がないからだ。
    しかし、フリスビードッグの普及に最も貢献した人というなら、それは三度も世界チャンピオンの座に輝いた、アレックススタイン氏と愛犬アシュレイ・ウィペットだろう。

    1974年8月のことだ。

    メジャーリーグの試合に沸き立つドジャーズスタジアム。
    7回と8回の間にスタインとアシュレイはグランドに突然飛び
    出し、スタインが逮捕される迄の8分間パフォーマンスを行った。この試合は、全米にテレビ中継されていたため、「フリスビーを犬がキャッチする」というパフォーマンスは、全米の人々に絶大なインパクトを与えることとなった。

    そして時は流れ2020年、フリスビードッグ競技はさらなる進化を遂げている...主にたぶん中国で。


    【犬だってカンフーファイティング!さすが中国な神業映像】の続きを読む

    猫犬

    ある晴れた日の庭先での出来事。猫が視界に飛び込んできて、何気なくカメラを回した投稿者。猫は投稿者の目の前を横切り、草むらへ飛び込む。そして次の瞬間、投稿者は自分の目を疑うことになる...。


    【ちょっとモルダー来てちょーだい!猫が一瞬でxxxに変わるX-ファイル案件が発生】の続きを読む

    体を洗うネズミ

    コロナ対策として衛生管理には気をつけたいこのご時世。その危機感は人間界だけでなく、どうやらネズミ界にもすでに浸透している模様。手洗いうがいだけじゃ物足りない!てなわけで、ふふふーんと体もキレイキレイしておかないとね。
    【しずかちゃんかよ!ふふふふーんと体を洗うねずみがまるで人間のよう】の続きを読む

    このページのトップヘ